TOP >  業務内容 >  企業顧問

企業顧問

私達弁護士法人アズバーズ代表弁護士の櫻井俊宏は、学校法人中央大学で初めて設けられたインハウスロイヤー(法人内の法律問題を解決する弁護士)を担当して7年目を迎えました。
 その間、学校法人中央大学内で起こってきた外部業者との契約の問題、労働問題、知的財産の問題、その他民事・刑事等のあらゆる法人の法律問題を日々解決してきており、法人顧問業務に強く精通しております。
 また、日本ではまだ数少ない弁護士法人を代表弁護士として経営しており、また支部の経営もしているので、法人の労務、税務、コンプライアンス等の仕組みも把握しております。
特に労働問題については、弁護士法人アズバーズは裁判所における労働審判を100件以上経験しており、経験豊かな事務所です。
 法人は、各種契約の締結、お客様対応、労働問題、債権回収、コンプライアンス等、常に法律問題と隣り合わせにあります。そして、そのような法律問題は、刻一刻と状況が変化していくのであり、その状況に応じて迅速かつ柔軟に対応していく必要があります。
 顧問料は、企業の規模、業種等によって、月額3万円からになります。
 顧問契約を結んでいただいた法人のクライアント様の問題に対しては、最優先に、即時にご対応させていただきます。

よくあるご質問

Q.顧問弁護士として、どのような対応をしてもらえますか。

法律相談や、各種契約書・内部規程等に関する書面等、各種書面のチェックはあらたに費用をいただくことなく、顧問業務として承ります。
代理人としての訴訟等のご依頼も、顧問企業の場合は、着手金を通常より2割減額してお受けしております。
また、御社のホームページに顧問弁護士を記載することによって、信用力を高める共に、他社との交渉等を円滑かつ有利に進めることができる場合があります。

Q.どのような分野に対応してもらえますか。

現在も学校法人中央大学のインハウスロイヤーにも従事しておりますので、各種契約、債権回収、労働の問題だけでなく、著作権や商標法等の知的財産に関する問題、刑事等のコンプライアンス問題、インターネットにおける信用毀損等に対する対応、お客様対応の方法、法人内で適用される文書の作成・リーガルチェックなど、あらゆる分野につき対応することができます。

また、一般社団法人大学監査協会、学校法人中央大学で、新民法の講演を繰り返し開催しているので、最新の民事法律問題にも対応しております。このような講演を法人内で行うこともお受けできます。

「どのような職種に対応していますか。」
 現在、顧問企業として、病院、メガネ・化粧等の販売業、飲食チェーン店、エステサロンチェーン店、不動産、コンサルティング会社、学校法人、幼稚園、学習塾、IT企業等があります。