TOP >  スタッフブログ >  【おうち時間】おうちワイン(1)

【おうち時間】おうちワイン(1)

2020年4月18日

押忍,みんなの応援団,弁護士櫻井俊宏でございます。
コロナの影響で自宅にいる時間が長くなったかと思いますが,
皆さまいかがお過ごしでしょうか?

当職も家で飲む事が多くなりました。 先日は妻作成の料理でおうちワインでした。
アズバーズでは,石井弁護士(低温調理士兼務)の影響で,
密かに低温調理器ブームになっています。
うちでも低温調理器を購入しました。

メニューは,
ローズマリーのエッセンシャルオイルと藻塩で下味をつけた鶏肉を
65℃で,2時間調理した鶏ハム。
じっくり熱を伝える事によって、絶妙な柔らかさで美味しく頂きました。

私の実家に代々伝わる寒天サラダ。
卵とハムときゅうりを寒天とマヨネーズで固めたものです。

ポルチーニ茸とマスカルポーネのリゾット。
ポルチーニの出汁が効いていて、深い味わいの一品です。
妻曰く,素材にこだわってるとの事で,自然農法の無農薬野菜,合鴨農法の米,
水はペーハーの高い温泉水を使っているらしいです。

ワインは,ルイロデレールのブリュットプリミエのシャンパンでした。
泡もしっかりしていて,納豆?の様な発酵した味が料理とも相性が良く,
とても美味しかったです。

猫のハニ丸とも一緒に過ごせて,なかなかおうち時間も癒されていいものですね。
しばらくこの状況は続きそうですが,今できる事に集中して,
楽しく過ごしていきたいと思います。

弁護士法人アズバーズのホームページ

前の記事「モンスタークレーマーへの対応法」へ

次の記事「アフターコロナに備えて」へ