TOP >  スタッフブログ >  弁護士散歩 中央大学都心回帰編 42.3km 9.5時間の旅

弁護士散歩 中央大学都心回帰編 42.3km 9.5時間の旅

押忍,運動大好きなみんなの応援団,弁護士法人アズバーズ代表弁護士の櫻井俊宏です。

先日,思い立って,弁護士法人アズバーズのイベントで,中央大学多摩キャンパスから茗荷谷という遠路を散歩する企画をしました。

1 なぜ中央大学多摩キャンパスから茗荷谷か?

それは,中央大学の都心回帰メインとして,中央大学の法学部と法科大学院(ロースクール)が,2023年新しく出来る文京区茗荷谷のキャンパスに移るからです。
すなわち,その移転の先取りイベントというわけです。

 

2 過酷なイベント

メンバーは,私の妻と,アズバーズに所属している石井政成弁護士,今年末にアズバーズに入所予定の増田大亮さんの4人でした。

ウォーキングならそれほど負担はないと思っていましたが,実際にやってみると,とんでもなく大変でした。

まず,30kmぐらいかな,と思っていましたが,実際は42.3kmでした。
マラソンとほぼ一緒ですね。

また,マラソンでも30kmを越えたあたりから大変になると聞いていましたが,ウォーキングでも同じでした。

最初は悪ノリのようにみんな楽しんでいましたが,ちょうど30kmを越えたあたりから,無口…

でも,なんとか走破しました!

3 散歩,その後

終わった後は,現在市ヶ谷にある中央大学法科大学院の近くにあるラーメンの名店「庄の」のグループで茗荷谷の近く護国寺になる「MENSHO」に行きました。

その日はあまり体重が減っていなかったのですが,その日以降,なんだかとても,食べても太らなくなりました。

身体が締まったんですかね~。

 

 

 

前の記事「不貞の証拠収集の方法3つ」へ

次の記事「新型コロナで休業した場合の給料はどうなる?」へ