TOP >  スタッフブログ >  ご存じ!弁護士ラーメン(20)大阪から恵比寿へ 人類みな麺類

ご存じ!弁護士ラーメン(20)大阪から恵比寿へ 人類みな麺類

押忍,ラーメンインスタグラムのフォロワーが1500超,No1ラーメンソムリエ弁護士の櫻井俊宏です。

大阪の超有名店「人類みな麺類」が東京進出とのことで、さっそく菊川弁護士と共に行ってきました。

【私が作成した厳選映えラーメン9選のYouTube動画です!】

 

1 人類みな麺類

恵比寿から多少離れていましたが、そこまで遠くはありません。
代官山との間ぐらいです。

実は大阪でも食べたことがあります。
魚介系をフルに生かした一番人気の「macro」でした。

なので、今回は強烈な醤油のmicroをチョイス。
チャーシュー2枚付をセレクト。

これがmacro(真っ黒)でないの!?との菊川弁護士からの指摘。
確かに…

漆黒のスープはしょっぱ旨さ爆発です!
ガツンときます。

シャキッとしたざく切りネギが爽やかなアクセントを与えてくれますね。

そして、チャーシュー…っていうかこれは角煮やろ!
2枚も頼んでしまった。
ホロホロで溶けて、美味い美味い!

大阪ラーメンの神髄を見ました。
御馳走様でした!

創業時の「原点」も食べたいです!!

 

2 大阪ラーメンの不思議さ

①たしか、関西の醤油というのは薄口の白いやつだったような。
逆に関東風の漆黒醤油だったのはどういうことだったのでしょうか。

②また、上の写真にあるように、謎のミイラのオブジェがお店の外にあります。
人類……?

③更に、大阪の他のラーメン名店を調べると、
「燃えよ麺助」だの
「ラーメン人生JET」だの、
「醤油と貝と麺そして人と夢」だの、
やたら熱い言葉を勢いでつけたとしか思えないような名前がたくさんあります。

また、
「くそオヤジ最後のひとふり」、
「世界一暇なラーメン屋」、
といった自虐とやけくそでつけたような名前もあります。

面白いですね!