TOP >  スタッフブログ >  YouTubeにアレンジ曲(替え歌)をアップするのは【著作権 同一性保持権】

YouTubeにアレンジ曲(替え歌)をアップするのは【著作権 同一性保持権】

学校法人中央大学の知的財産問題を含む法務全般を担当している,弁護士の櫻井俊宏です。
YouTubeも,中央大学のことやラーメンのこと等,下記のアカウントでたまにアップしております。
櫻井俊宏のラーメン,中央大学等に関するyou tube

YouTubeにおいて,他の画像等を引用する仕方は先日説明しましたが,アレンジ曲(替え歌)をアップする場合はどのようになるのでしょうか。
【関連記事】著作権制限と引用 YouTubeでどのように引用すれば良いか

以下,説明します。

 

1 YouTubeにおけるJASRACの取り扱い

音楽の著作権は,ご存じのようにJASRAC(一般社団法人日本著作権協会)という団体が一括して管理しています。
漫画とかで良く見ると思いますが,例えば漫画内で歌詞を載せるときは,お金を払って,JASRACに許諾を得ていることを記載して載せるのです。
1曲につき,せいぜい数千円ぐらいのようです。
JASRAC 料金規程

このJASRACですが,YouTube,つまりGoogle社(なお,余談ですが,今アメリカでGoogleを取り扱っている会社は「アルファベット」という名前になっております。)との間で,全面的に音楽を自由に使っていいという提携契約を結んでいるようです。

ただし,アカウント所持者がYouTubeで収益を得られるようになっている場合は,その著作権を持っている会社に収益が流れるようになっているようです。

 

2 同一性保持権

このことからすると,アレンジ曲についてもそのままアップして大丈夫なように思えます。

しかし,著作権そのものではない権利で,「同一性保持権」(著作権法20条1項)という権利があります。
「自分のせっかく作った著作物を自分が好まないようにアレンジして世に出してほしくない」という気持ちを保護する権利です。

この同一性保持権はそのような存在理由から,「著作者人格権」といって,著作者自身だけが持つ権利であり,著作権そのものと違い,基本的に誰かに譲渡することはできません。

 

3 YouTubeでのアレンジ曲

このことから,YouTubeで曲そのものを使うことは良いのですが,替え歌等アレンジを加える場合は,本来の著作者が有する同一性保持権を侵害する結果となってしまいます。

そこで,アレンジ曲をアップするときは,原曲をとどめていない独自の著作物と言えるかどうか,注意が必要と言えるでしょう。

ただ,著作者人格権である同一性保持権は,そのような著作者自身の権利であるので,著作者が亡くなっている曲については,同一性保持権の問題はなくなるということになります。

特に収益を得ていない私的なYouTubeでアレンジ曲を趣味で載せる場合に,著作者が何か言ってくる可能性は低いとは思いますが,気をつけるに越したことはありません。

他の知的財産法の記事

 

【人気記事】
瑛人の「香水」は商標権侵害とはならないのか
休業の場合,業務委託と雇用でどう変わるか
オンライン講義・試験に関しての著作権法35条,36条

ホームページはこちら

 

前の記事「内容証明郵便で弁護士から受任通知が来た場合」へ