TOP >  スタッフブログ >  瑛人の「香水」は商標権侵害とはならないか【知的財産権問題】

瑛人の「香水」は商標権侵害とはならないか【知的財産権問題】

中央大学内の知的財産権問題を全般的に取り扱っている,弁護士法人アズバーズ代表弁護士の櫻井俊宏です。

今日,twitter友達の「安吾」さんから,瑛人という歌手の「香水」という曲に関し,次のような質問をいただきました。


人気の曲 瑛人の「香水」 ブランド名が唄われるのですが
これって、一般的に考えると 商標の無断使用になるのでは? と思いますが、どうなんでしょうか?
それとも、ブランド側が 「宣伝になるから無料でいいよ」 と許諾しているんでしょうかね? 教えて!櫻井弁護士!


1 歌詞に使われるのは商標権侵害となるのか?

本件では,「ドルチェ&ガッバーナ」という名前が「香水」という歌の歌詞に使われています(歌の題名には使われておりません。)。

一般に,例えばAの商標権侵害は,Bの商品の名前等に類似した言葉が使われている場合に発生します。
このようなときに,Aの顧客を引き寄せる力をBが使っていると言えるからです。

しかし,曲の歌詞は,その商品の内容に過ぎないため,商標権侵害とはならないようです。
これは,曲のタイトルですら商標権侵害とならないようです。
(アルバム曲のタイトルについて商標権が登録されているものに類似した言葉を使っても商標権侵害とならない事案として,東京地裁平成7年7月22日裁判例があります。)

2 商標権は商品の分野について登録される

商標権は「区分」という,その商品の分野について登録されます。
最初は広い分野について認められず,徐々に増やしていく場合もあります。

今回の件で,「歌詞に使われる場合」という点は別にしても,「ドルチェ&ガッバーナ」が,CDの区分についても商標をとれているかも問題になりうるということになります。

特許情報プラットフォームというページで試しに検索してみるといいでしょう。
特許情報プラットフォーム

3 まとめ

確かに,「ドルチェ&ガッバーナ」という良い品質の香水の名前を歌詞で使うことによって,歌のイメージが向上しているように感じます。
歌詞で使った場合は商標権が全く問題にならないというのは,なんとなく違和感もありますね。

他の知的財産法の記事

【人気記事】
【中央大学VS巨人】プロ・アマ交流戦
9/3「アメトーーク!」で進撃の巨人芸人!?
調査嘱託による預金等の開示請求【離婚の財産隠しに対抗】
東京ミネルヴァ法律事務所の破産の気になる点3つ

ホームページはこちら

 

弁護士 櫻井 俊宏
幻冬舎GOLD ONLINEの連載記事
「わたしの弁護史」の櫻井俊宏の記事
櫻井俊宏の日常のFacebook
櫻井俊宏の弁護士業,中央大学,ラーメン等についてのtwitter
櫻井俊宏の法律問題,中央大学等に関するyou tube

前の記事「著作権侵害と引用」へ