TOP >  スタッフブログ >  ダブル不倫とその特殊な対処法 【弁護士の交渉術】

ダブル不倫とその特殊な対処法 【弁護士の交渉術】

離婚・男女問題事件を600件以上解決している実績のある新宿・青梅・あきる野の弁護士法人アズバーズ,代表弁護士の櫻井俊宏です。

1 ダブル不倫とは

ダブル不倫という言葉をご存じでしょうか?法律用語ではありません。

離婚事件において,最も離婚理由になりやすいのが,夫婦のいずれかが不貞(不倫)をした場合です。
この場合で,不倫をしている当事者両者が結婚している場合のことを通称「ダブル不倫」と言います。

 

2 ダブル不倫の特徴

ダブル不倫の事例において重要となるのが,発覚した後,婚姻生活を続けていくかです。
例えば,夫(B)に不倫をされても妻(A)が結婚生活を続けていくつもりかどうかを例に挙げます。

妻Aが不貞をした夫Bと結婚生活を続けていくのであれば,夫Bが不倫したことについて不倫相手である妻(C)に賠償を請求していく際,不倫関係の事実が相手の夫(D)にばれてしまうと,相手の夫Dから自分の夫Bに対しても賠償を請求されてしまいます。

このようになってしまうと,Aとしては,今後夫婦生活を続けていくABという夫婦にしてみると,不倫相手である妻Cから賠償金100万円を回収したとしても,相手の夫Dが自分の夫Bから100万円を回収されてしまっては,結局何の利益も得られないことになってしまいます。

それどころか,相手の妻Cと相手の夫Dが別居したり離婚したりした場合は,B の方がD に対してより大きな精神的損害をより与えたとして,100万円よりも更に慰謝料が高くなり(150万円~200万円になりうる),かえって損になってしまいます。

更に,専業主婦である女性の方が資力がないことも多いので,CがDに完全に捨てられたような場合,Cから100万円も回収できず,夫Bが150万円をとられたのでは,一方的な被害のみで目も当てられません。

 

3 ゼロ和解

そこで,このような場合は,相互の家庭で共に賠償をしないで痛み分けで終わらせる(通称「ゼロ和解」といいます。)ことも多いです。
共に賠償はしない,誰も今後誰からも請求できないという内容の合意書(示談書)を作成して終了,ということになります。

 

4 ダブル不倫を有利に解決する方法

この点,妻Aが,相手の妻Cに責任を取らさなくてはどうしても納得がいかない場合は,相手の夫Dにばれないように事を進めればよいわけです。

すなわち,私達の弁護士法人アズバーズでは,このようなケースの場合,いきなり受任通知という書面を送りつけるなどというようなことはせず,まずは,相手の妻Cに電話で連絡します。
この際,会話内容を録音もします。

この電話でとりあえず不倫の事実を認めてもらえれば,相手の夫Dに発覚しないように,妻Cとだけ示談書を交わして賠償してもらえばよいわけです。

妻Cは夫Dにばれるとひどい内容で離婚をされてしまったりするので,早く終わらせるように,あっさりと不倫の事実と賠償額を認めることが多いです。
相場額よりも高額を認める場合もあります。

 

5 まとめ

以上のように,このダブル不倫の事案を含め,不貞行為の損害賠償請求事件であってもさまざまなケースがあり,それに応じた工夫した対応方法を私達の事務所では熟知しております。

離婚・男女問題においては,まずは無料電話問い合わせをお待ちしております。

弁護士法人アズバーズの離婚・男女問題ホームページはこちら

 

弁護士 櫻井俊宏
櫻井俊宏の日常のFacebook
櫻井俊宏の弁護士業,中央大学,ラーメン等についてのtwitter
櫻井俊宏のラーメンinstagram
櫻井俊宏の法律問題,中央大学等に関するyou tube

 

前の記事「コロナで漫画を進撃」へ

次の記事「ラーメン・つけ麺を美味しく食べる方法」へ