離婚・男女問題のお悩み相談室 TOP >  離婚調停・訴訟

離婚調停・訴訟

離婚調停・訴訟経験180件超の実績があります。

1 離婚調停・訴訟の経験180件超です

離婚する場合、両者の合意による協議離婚の他に、裁判所における話合いで成立する調停離婚、裁判によって相手の意思に反して離婚する裁判離婚があります。
離婚の事件の場合は、いきなり訴訟をせず、まずは必ず調停から行わなくてはなりません。この離婚調停は、通常弁護士の初期費用が20万円~50万円とされております。私達の事務所ではほとんどの事件で、初期費用20万円~30万円でお受けしております。
現在、離婚する夫婦は、結婚した夫婦の3分の1に至っていると言われており、いつこのような問題が起こるかわかりません。私達は、これまでに180件超の離婚事件経験を生かして、財産分与やお子様の養育費等、依頼者様の出来る限りの利益を求めていきます。

  

2 財産隠しを防ぎます

離婚事件においては、相手に対してできる限り財産を渡したくないという状況になっているので、相手はできる限り財産を隠そうとします。
早い段階でご相談いただければ、そのような財産隠しを防ぐ対策まで一緒に相談します。
また、財産を隠している場合でも、例えば他の通帳等に移した痕跡があれば、裁判所を通じた開示請求の手続などによって力強く進めていきます。
預金・投資信託等で合わせて約1500万円の財産隠しを、相手方夫に開示させたケースもあります。