離婚・男女問題のお悩み相談室 TOP >  ダブル不倫

ダブル不倫

ダブル不倫の場合も事案に応じて柔軟な事件解決を目指します。

1 ダブル不倫とは

不倫している当事者両者に配偶者がいる場合を、通称ダブル不倫と言います。
ダブル不倫においては、今後、結婚を続けていくかどうかで、被害者のとる行動はだいぶ変わってきます。

2 ゼロ和解

すなわち、妻Aが夫Bとの結婚生活を続けていく場合には、夫Bと相手の妻Cとの間で不倫がされたことについて相手の妻Cに賠償請求をしていく場合、結局相手の夫Dに不倫の事実が発覚してしまうと、相手の夫Dも夫Bに対して賠償請求をするのであるから、例えば自分が100万円得られても夫が100万円賠償することになれば、支払が回っていって結局得られるものはほぼゼロになるという結果になります。それどころか、相手の夫婦が別居又は離婚してしまった場合は、相手の夫Dからこちらの夫Bに対する賠償額はより大きくなるので、かえって負担は大きくなってしまいます。
これでは、余計な費用と時間が浪費されるだけの結果と言えます。
そこで、このような場合は、相互の家庭で共に賠償をしないで、両者今後接触や誹謗中傷をしないという内容だけまとめて終わらせる(通称「ゼロ和解」といいます。)ことが多いです。

3 ダブル不倫の解決法

しかし、妻Aが、相手の妻Cにどうしても責任をとらせたい場合には、相手の夫Dに、不倫の事実が発覚しないように事を進めればよいのです。
すなわち、私達は、このようなケースにおいては、いきなり「受任通知書」と呼ばれる書面を送りつけるというようなことはせず、まずは、不倫をした相手の妻Cに録音をしつつ電話で連絡します。
この電話で不倫の事実を認めてもらえれば、あとは、相手の夫Dに発覚しないような形で、妻Cとだけ示談書をとり交わして賠償金を支払ってもらえばよいわけです。
この場合、妻Cは夫Dにばれたくないのであるからあっさり認めることが多いです。この心理を利用して、賠償金額も多めに交渉することができます。
以上のように、ダブル不倫の事案を含めて、不貞行為の損害賠償請求も様々な種類の事案があり、それに最も適した対応方法を私達は熟知しております。