離婚・男女問題のお悩み相談室 TOP >  弁護士紹介

弁護士紹介

ご挨拶・プロフィール

代表弁護士 櫻井 俊宏

櫻井 俊宏

クライアント様の最大限の利益のために、
誠心誠意務め上げます

私は、弁護士になって他の法律事務所にて約3年勤め、愚直に、あらゆる法律問題に臆することなく立ち向かい、解決してきました。そして、平成24年3月、独立し、As birds総合法律事務所を立ち上げました。

事務所経営にいそしむ傍ら、初代の中央大学法実務カウンセル(学内顧問弁護士)に就任して5年目となりました。法人の中で生じた法律問題を解決してきました。とても良い経験をさせていただいております。
また、中央大学内において実務家講師として後進の育成にもはげんでおります。

事務所においては、皆様のご支援により弁護士を増員することができ、さらなるお客様サービスの向上を模索して弁護士法人アズバーズを設立しました。また,新宿事務所も設立されました。顧客の皆様に対して感謝の念に耐えません。

私は、中央大学時代に4年間応援団に所属し、全力で活動してきたので、体力、精神力、行動の迅速さ、コミュニケーション能力、リーダーシップに自信があります。 クライアント様の最大限の利益のために、問題が生じた際にはいち早くお会いし、お客様と気さくに密接・円滑なコミュニケーションをとり、相手方に対しては迅速かつ力強い法的措置を講じていくことを職業信念としております。
初心を忘れず、誠心誠意務め上げますので、宜しくお願い申し上げます。

代表弁護士 櫻井 俊宏

1997年4月中央大学法学部法律学科入学
2001年3月中央大学法学部法律学科卒業
2005年4月中央大学法科大学院入学
2007年3月中央大学法科大学院卒業
2007年9月司法試験合格
2008年12月第二東京弁護士会登録
2009年4月弁護士法人グリーン・ファーム法律事務所入所
2009年4月第二東京弁護士会高齢者・障害者委員
2012年3月中央大学実務家講師就任
2012年3月弁護士・司法書士As birds総合事務所開設
2013年5月中央大学法実務カウンセル就任
2015年1月弁護士法人アズバーズ開設

パートナー弁護士 斎藤 純一

斎藤 純一

依頼者の方の利益の最大化を実現する

依頼者の方の利益には、経済的な利益の他、お悩みを早期に解決すること、場合によっては相手方と円満な関係を取戻すこと等、様々なものがあると思います。依頼者の方が晴れ晴れとした気持ちを取戻されるならば、これ以上の喜びはございません。依頼者の方のお気持ちを素直に受け止め、真に望まれていることを的確に把握し、それを実現すべく尽力致します。宜しくお願い申し上げます。

パートナー弁護士 斎藤 純一

2011年3月中央大学法科大学院修了
2012年9月司法試験合格
2013年12月東京弁護士会に登録
2014年6月都内法律事務所勤務を経て、As birds総合法律事務所入所
2015年3月中央大学法科大学院実務家講師就任

弁護士 菊川 一将

菊川 一将

小・中・高校の10年間、一貫してバスケットボールに打ち込んできた私は、直面する問題は、それが複雑・困難であろうとも、粘り強く根気強く、迅速かつ確実に処理すべきことを信条としています。

解決困難な法律問題に直面したら、まずはご相談ください。皆様の抱える悩み・問題を把握し、解決するための適切な手段を検討致します。
弁護士の話は難しくてわかりづらい、または敷居が高いとお考えかもしれませんが、ご心配には及びません。
私は、わかりやすく丁寧に、かつ親しみやすくお話するという技術を、大学4年間の塾講師アルバイトで磨いてきました。
また、私の両親は自営業の建具職人で、偉ぶらず、顧客を大事にし、信頼関係の構築を旨とする姿勢は、私にも伝わっております。

お困りでしたらまずはご相談ください。問題解決の一助となれましたら、幸甚の至りです。

弁護士 菊川 一将

2007年4月早稲田大学教育学部社会学科地理歴史専修入学
2011年3月早稲田大学教育学部社会学科地理歴史専修卒業
2011年4月早稲田大学法科大学院法務研究科入学
2011年3月早稲田大学法科大学院法務研究科卒業
2015年9月司法試験合格
2016年12月第二東京弁護士会登録
2017年1月弁護士法人アズバーズ入所

弁護士 津城 耕右

津城 耕右

はじめまして。弁護士の津城です。
このページをご覧になられているという事は、法的トラブルに巻き込まれ、あるいは巻き込まれそうになっていらっしゃるのだと思います。
私は、弁護士は町医者のような存在であるべきだと考えています。
皆さんは、風邪をひいたら医者に行くとおもいます。それと同じように、困ったことがあったらぜひ弊所へお越しください。親身になってご相談に対応させて頂きます。
私は大学時代応援団に所属していました。応援団ではスタジアム球場で真夏の日差しを浴びながら汗だくになって声をからして野球の応援をしました。また、正月には真冬の箱根で朝早くから凍えながら応援をしました。このような活動で培った体力と根性で、できる限りのことをし、皆様の権利を守りたいと考えています。

弁護士 津城 耕右

2009年中央大学法学部法律学科入学
2013年中央大学法学部法律学科卒業
2013年中央大学法科大学院入学
2015年中央大学法科大学院卒業
2015年司法試験合格
2015年司法研修所入所
2016年司法研修所修了
2016年弁護士法人アズバーズ入所